副業navi

www有り無し統一方法




www有り無し統一でSEO対策!!


 独自ドメインでサイトを運営してる人向けの情報になりますが、
http://www.△△△.com/とhttp://△△△.com/のようにwww有り無しで色々迷う人もいるかと思います。

これはまず.htaccessというのでどちらかに統一しなければいけないのですが、何もしていないとどちらのURLでアクセスできてしまいます。

これば同じサイトに2つのURLが存在することになりSEO対策上不利になると言われています。
理由はURLが2つあることで非リンクが分散してしまう可能性があるからです。

最近では検索エンジンも対策をしてるようで、自分自身で非リンクURL統一してればあまり弊害はないようですが少しでも不利になる可能性があるなら統一しておいた方が良いと思います。

方法ですが、.htaccessを作成しなければいけません。稀に.htaccessを利用できないレンタルサーバーがありますので確認してみてください。ロリポップやさくらレンタルサーバーでは利用できます。

ここでは当サイトを例にしてwww有りに統一してみます。
まず下のボックス内上の2行目3行目をご自身のサイトURLに置き換えて入力し直してください。
wwwなしに統一の場合は下段のを利用してください。
↓www有りに統一の場合

↓wwwなしに統一の場合

完成したらコピーをします。ここからが初心者の方には難しいのですが、(管理人も苦労しました)これを統一するURLのディレクトリにアップします。これはホームページビルダーでするよりもレンタルサーバーのファイルマネージャー等で転送した方がかんたんです。
ここではさくらレンタルサーバーの例で解説してみます、
まず、サイトトップのフォルダを開き「新規ファイルの作成」に「.htaccess」と入力して「作成」をクリックします。
そこで追加された.htaccessの「編集」をクリックして先ほど上のボックスで作成したものを入力します。
さくらレンタルサーバーの場合はこれでwww有りに統一が完了していると思いますので試してみてください。
他のサーバーでも同様の手順になるとは思いますが、パーミッション値を設定しなければいけない場合があるかもしれませんのでレンタルサーバーの解説をご覧下さい。

さくらレンタルサーバーのファイルマネジャー画面

もしホームページビルダーで転送する場合は「FTPツール」を利用します。
上記ボックスで作成したものをメモ帳(アクセサリから呼び出してください)に貼り付け、ホームページビルダーのフォルダ内にサイトトップページと同様のディレクトリに保存します。
次にツールからFTPツールを起動させ、先ほど作成した.htaccessをサイトトップと同じ場所に転送します。
この時、.htaccess.txtになっていると思いますが、このままでは駄目ですのでサーバーの.htaccess.txtの名前を.htaccessに変更します。あとはパーミッション値をサーバー指定にものに変更すれば完成していると思います。
ちょっとこちらの方法は初めての人には難しいかもしれませんので、アクセスの少ない時間に試した方が良いかもしれません。




   


(C)2006〜副業navi