副業navi

サラリーマンの副業について


会社にばれずに副業できる?


 会社員の場合、副業は就業規則で禁じられている場合が多いようです。
株やFX・貯金や投資信託などの投資については問題ない(会社による)と思いますが、ネットショップの運営などをしていると問題なる場合も出てくるかもしれません。

会社にばれる場合と言うのは確定申告の時が多いようです。
まず、副収入の所得額が20万円以下の場合、税務署への申告の必要がありませんので自分から言わなければばれることもありません。

20万円以上稼いでしまったという場合は法律上確定申告が必要になります。
サラリーマンの副業がばれるのは、住民税の金額が多いときです。サラリーマンの場合、毎月の給料から住民税が天引きされますが、確定申告の時に「特別徴収」を選んだ場合(チェックし忘れも含む)は副収入の分金額が増えてしまいます。するとそれを見た会社側が副業に気づくということのようです。

これを回避するには確定申告の時に住民税の「普通徴収」を選んでください。すると自分で副業分の住民税を支払うことになりますので会社にばれることはなくなります。
ただし100%ばれないという保証はありませんので自己責任でということになります。

また、副収入自体を家族の収入として申告するのも一つの手です。ただし、扶養控除などが減るなどのデメリットもありますので注意してください。

※所得は、ネットショップなら売り上げ(収入金額)-経費・仕入れ原価=所得となります。







   


(C)2006〜副業navi