副業navi

ホームページの名前を決める


SEO対策を意識したタイトル名を


 一部の人気サイト以外はサイト名で失敗するとSEO対策が上手くいかずアクセスアップが思うようにいきません。
理想は良い内容のサイトを作り、口コミでも人気が増えていく方法ですがこれはそう簡単にはいきません。ですので、最初からSEO対策を意識してサイトを作っていくことは大きな失敗をしないためには重要になってきます。

まず、サイト名には上位表示を狙うキーワードを必ず入れましょう。例えば、「節約」というキーワードで上位表示したいなら「節約生活」などというサイト名にします。
このサイト名で他のサイトからテキストでリンクされることは上位表示の大きなウェイトを締めているからです。
※この辺りについては他のページも参考にして下さい。

初めてサイトを作る人はどんなサイトを作りたいか考えてからキーワードを探してみても良いと思います。
経験を積んでくると儲りそうなるキーワードを探してから、サイトを作るということもできるようになると思います。

更に節約というキーワードは、「節約 レシピ」という複合ワードでも多く検索されていますので、そのまま「節約レシピ」とサイト名をしてしまうのも良いです。
ただ、人気サイトはサイト名も個性的な場合が多く、この様な味気ないサイト名だとそういった意味ではマイナスになる場合もあります。

キーワードアドバイスツールプラスの「節約」のデータ ※このツールでは2007年4月のデータになるようです。
※ちなみにこのデータはオーバーチュアのデータのものですが、オーバーチュアが2007/4でデータ提供を終了したためキーワードアドバイスツールプラスも2007/4にデータで止まっています。


ですので、SEOを取るのか個性を取るのか両方狙えるサイト名を考えるかを選択しなければいけません。

SEO対策を意識してサイト名をつけるなら、検索回数も考えなければいけません。
先の「節約」なら月間検索回数が6万回以上と多い部類に入ります。しかし、お金の成る木には人が集まりやすく多くの人が「節約」というキーワードでサイトを作っていますので上位表示はかんたんではありません。

逆にあまり検索回数の多くないキーワードは初心者でもかんたんに上位表示できてしまう可能性もあり一攫千金を狙わないならおすすめできます。上記画像のデータで言えば「節約」を狙うのをあきらめて「節約料理」に絞るという作戦などが考えられます。

このようにサイト名を考えるのはSEO的に重要ではありますのでじっくり調査して考えてみてください。
月間検索回数を調べたいなら「キーワードアドバイスツールプラス」を利用してください。






   


(C)2006〜副業navi